公開シラバス

年度 2021 年度
授業科目名 現代社会学科 2回生  民俗文化論
開講番号 K2-165 講義コード 0004756
開講期 後期 曜日/講時 月曜日 6講時
単位数 2 カリキュラムマップ 汎用的技能
授業形態 講義 担当形態 単独
対象学生 現社2 ナンバリングコード P12212066
担当教員
教職課程関連科目
法定規程科目
教職課程関連科目
施行規則に定める科目区分または事項等

授業形態

オンデマンドで開講

授業形態詳細

LMSへの資料アップロード。画像はOnedriveにアップロードする予定です。授業形態、課題については毎回の授業に先立ってLMSで告知します。
詳しい授業形態については第1回授業の時に説明します。

副題

民衆の文化を通して日本社会と日本文化を学ぶ

授業の到達目標

①「伝統」や「常識」が相対的なものであること、社会の変動の中で構築されるものであることを理解すること。
②「当たり前」と受け止めている正月や盆などの民俗行事が持つ意味についての理解を深めること。

学位授与の方針との関連

 「日本民俗文化論」は、日本文化についての理解を深めることを目的としている。京都女子大学学位授与の方針との関連でいえば、以下の項目に該当する。
「(1)[知識・理解]②人文、社会、自然など、広い教養を有している。」の中の、特に「人文」「社会」についての広い教養を養うのに貢献する。
 また、本講義は、「伝統」や「常識」が相対的なものであること、社会の変動の中で構築されるものであることを理解することを到達目標としている。その意味で、学位授与の方針の「(3)[思考・判断]①主体的で批判的・合理的な思考を展開できる。」に関連している。

授業の概要

私たちが日常生活の中で当たり前だと考えている習慣や習俗は元来、どのような意味を持っていたのだろうか?私たちにとっての「常識」は、他の文化から見て「常識」と考えられるのだろうか?「伝統」は一体いつ始まり、どのようにして「伝統」になっていったのだろうか?このような素朴な疑問から出発して、私たちの社会に蓄積されてきた民衆の文化を体系的に講じ、「伝統」とは「保守」ではなく「革新」であることを明らかにしていきたい。
ポータルの「民俗文化論」第1回授業に、授業の詳しい概要、スケジュール、履修にあたっての注意事項、評価方法(修正版)をすでにアップしてあります。そちらを参照ください。

授業計画

第1回 9月14日 オリエンテーション "講義の概要・ねらい、授業の進め方、課題の提出方法などについて解説します。
LMSに掲げた資料「2020年民俗文化論の授業について」をよく読んでください。質問はLMS"
第2回 9月21日 I.イントロダクション "1.「民俗文化」とは:「民俗文化」の発見から民俗学の成立まで
2.2つの「ミンゾク学」:「民俗学」と「民族学」"
第3回 9月28日 II.空間の民俗 "3.村とムラ①
「地域社会」とは:「ムラ」と「村(ソン)」
歴史的特性(ムラの行政上の変遷)
地域社会としての京都"
第4回 10月5日 II.空間の民俗 "3.村とムラ②
ムラの構造:鈴木栄太郎「自然村理論」
"
第5回 10月12日 III.通過儀礼 "5.「通過儀礼」とは
6.婚姻儀礼①"
第6回 10月19日 III.通過儀礼 6.婚姻儀礼②
第7回 10月26日 III.通過儀礼 6.婚姻儀礼③
第8回 11月9日 III.通過儀礼 7.葬送儀礼と日本人の祖霊観
第9回 11月16日 IV.農耕儀礼 8.農耕儀礼としての正月行事①
第10回 11月23日 IV.農耕儀礼 8.農耕儀礼としての正月行事②
第11回 11月30日 IV.農耕儀礼 9.農耕儀礼から見た正月と盆・七夕
第12回 12月7日 V.女性と民俗 "10.隠れた歴史:女性の生き方について私たちは何を知っているのか
11.戦後の地域婦人会活動:ムラから暮らしを考える①"
第13回 12月14日 V.女性と民俗 11.戦後の地域婦人会活動:ムラから暮らしを考える②
第14回 12月21日 V.女性と民俗 "12.方法論としてのライフヒストリー
  冬休み期間中の課題について説明します。"
第15回 1月18日 V.女性と民俗 "13.戦後日本の形成:女性代議士の誕生
1946年女性参政権獲得後、初めての国政選挙で女性はどのように闘ったか"
*以上のスケジュール・課題は授業の進度によって変更される場合があります。

授業時間外学習

課された課題に主体的に取り組んでください。
日常的に「当たり前」と考えている行為を、批判的な視点からとらえる訓練をしましょう。

課題に対するフィードバック

基本的にLMSでフィードバックしますが、授業中に取り上げる場合もあります。

関連分野

1.共通領域副専攻分野の連携活動科目
  「連携活動入門」、「地域連携講座B1」「地域連携講座B2」
2.「地域社会学」

教科書

用いない。

参考書

柳田國夫『先祖の話』筑摩書房
宮本常一『宮本常一著作集』未来社
八木透編『フィールドから学ぶ民俗学』昭和堂
中村ひろ子他『女の目で見る民俗学』高文研
鈴木則子『歴史における周縁と共生』思文閣
宮田 登『女の民俗学』吉川弘文館
服藤早苗他『ケガレの文化史』森話社
大藤ゆき『母たちの民俗誌』岩田書院
関沢まゆみ『現代女の一生』NHKブックス

*追加の参考図書リストをポータルにアップしています。そちらを参照ください。

学生へのメッセージ

「みんながしている」とか「いつもやっている」、という理由で深く考えることなく行動していることはありませんか。あるいは特に理由を考えることもなく、「何となく」行動していることが、私たちの生活で多いのではないでしょうか。
想定外の事態が日常的に発生する現代を生きるためには、一つ一つの行動の意味を考え、判断することが求められます。この講義を通じて、私たちの社会の常識や伝統がいかに作られてきたかを理解することにより、皆さんが大胆に行動変革に取り組むことができるようになることを期待しています。

オフィスアワー(質問対応)

授業内容に関する質問はコメント(感想)と一緒に記載してください。
授業内容に直接関係しない質問・相談はメールでお願いします。

当該科目に関連した実務経験の有無

成績評価の方法

評価項目 配分(%) 評価の観点
毎回の授業後提出するコメントないしは課題 50 授業内容の理解度と考察
第15回授業終了後に提出する課題 20 課題に的確に丁寧に答えているか。
冬休み期間中の課題 30 インタビューを丁寧にまとめる

京女AL

振り返り 授業終了後のコメントペーパーと課題レポートで振り返りを実施する。
授業時間外学習 冬休み期間中のインタビュー体験とそのレポート
フィールドワーク 冬休み期間中のインタビュー体験とそのレポート

Page Top