公開シラバス

年度 2019 年度
授業科目名 授業科目  連携課題研究
開講番号 U2-14 講義コード 0005515
開講期 通年 曜日/講時 その他/集中
単位数 2 カリキュラムマップ
授業形態 演習 担当形態 単独
対象学生 大学2 ナンバリングコード
担当教員 宮原 佑貴子  
教職課程関連科目
法定規程科目
教職課程関連科目
施行規則に定める科目区分または事項等

副題

京都の伝統的染織産業の参加体験型課題研究

授業の到達目標

・京都の伝統的染織産業の技術と背景についての知識を得る。
・染織技術を体験し、固有の魅力や特色について知る。
・参加体験型のイベントを計画し実施する。
・個人テーマをもって、自主的に取材調査を進め、課題に応じたプランの構想をおこなう。

学位授与の方針との関連

【社会性・自律性】
学外活動を通して、社会の規範やルールに従い責任感のある行動をおこなう。また、グループワークによって、組織の中での役割を認識し、協調性を持ちながら個々の力を発揮する機会を創出する。伝統染織産業が抱える課題を発見し、解決するための提案をおこなうことにより、産業の継承に貢献することを目指していく。

授業の概要

本事業では、京都の地において長年育まれてきた伝統的産業である着物染織の技術の奥深さを知るとともに、現代の課題を発見し、解決に導く手法を考察していく。
前期では、工房を訪問し、受講生自らが染織技術を体験し知識を深めることによって、主体性を持った発想と提案力を身につけることを目指す。後期では、染織技術が持つ固有の魅力や特色を発信する目的のもと、イベントの計画、準備、実施、振り返りの工程をグループワークでおこなうことによって、受講生それぞれが役割をもって個々の力を発揮する。また、全体を通して各自の時間において京都の染織技術を活用したさまざまな事例をリサーチし、そこから個人テーマを見出し、取材や調査を実施していく。授業内で経験した内容を踏まえて、授業最終日には個人テーマによる伝統染織産業が抱える課題の解決プランをプレゼンテーションする。

授業計画

1. オリエンテーション:京都の伝統染織産業と京都女子大学の取り組み
2. 工房訪問
3. 工房訪問
4. 連携課題の整理と分析
5. 参加体験型イベント(ターゲットの設定、手法についての計画)
6. 参加体験型イベント(実施計画、プロモーション計画)
7. 個人テーマのためのリサーチ発表
8. 参加体験型イベント(準備、ロールプレイング)
9. 参加体験型イベント (プロモーション)
10. 参加体験型イベント(開催の設営)
11. 参加体験型イベント(実施)
12. 参加体験型イベント(参加者への調査、聞き取り)
13. 調査結果のまとめ、分析
14. 個人テーマに沿った提案書制作
15. プレゼンテーション、合評、ディスカッション

定期試験の実施

実施なし

授業時間外学習

授業内で配布するリサーチペーパーに、京都の伝統染織技術を活用した商品やイベントなどの事例を数多く情報収集する。リサーチ発表以降は、個人テーマを絞り込んで取材や調査をおこない、提案書を作成し、最終日のプレゼンテーションに備える。

課題に対するフィードバック

・中間プレゼンテーションでは、発表後に実施に向けた具体的なアドバイスを個別に口頭で行う。
・提案書等出物は、コメントを記入して次回授業時に返却する。
・最終日のプレゼンテーションでは、ディスカッション形式にて意見交換や評価をおこなう。

教科書

[購入不要]教科書なし

参考書

授業内にて適宜紹介する

学生へのメッセージ

・工房訪問受け入れ範囲、プロジェクト実施の都合等により、受講定員20名とする。(定員を超える場合は抽選とする。)
・2回目以降の授業実施日については受講生と日程調整相談のうえ決定する。
・工房訪問および参加体験型イベント実施への参加を、最終プレゼンテーション参加のための必須条件とする。

着物染織を活用したプロダクトや洋服などの商品やイベントの事例等、日ごろから広い視野を持ってリサーチし、授業内で活かしてください。知識を得て、考え、実践し、提案するまでの一連の流れを体験しながら学んでいきましょう。

関連分野

地域連携/地場産業/伝統産業/染織/企画

当該科目に関連した実務経験の有無

・京都の染織技術を活かしたアパレル商品企画、ブランディングの業務委託
・着物の紋様のデジタルデータ作成、テキスタイルデザイン
・家紋を取り入れた商品企画、プロモーション、販売
・地域の特色を取り入れたイラストの制作、グッズ制作、製造販売
個人事業officeMAARUにて上記業務を経験した

オフィスアワー(質問対応)

授業初回にメールアドレスを公開するので、質問があればメールを利用すること

成績評価の方法

評価項目 配分(%) 評価の観点
授業への参加度 30 積極的な姿勢、発言等
グループワークへの貢献度 30 目的を持った自主的な行動、協調する姿勢等
プレゼンテーション 40 経験を生かした提案内容

京女AL

グループ学習 イベントの実施に向けて役割をもって活動する
ディスカッション イベント計画やプレゼンテーション発表後等に互いの意見を交わす
プレゼンテーション 個人のテーマを見つけ、授業で得た経験による提案をおこなつ
フィールドワーク 工房を訪問し体験する

Page Top